SIOS Coati導入以前 SIOS Coati導入後
海外出張中も障害が発生したらVPN接続して対応する SIOS Coatiが自動的にサービスの再起動をしてくれる
カバンに常にパソコンを入れているというバックアップ体制 インスタンスの運用管理を意識することがほぼゼロに
ヘルプデスクやトラブル対応に時間を取られる IT戦略やセキュリティ対策など、ITが経営に関わる部分に時間を割けるように

老舗企業でフル稼働する典型的なひとり情シス

1932年に創業して以来、ダイヤモンド工具でものづくりの現場を支えてきた東京ダイヤモンド工具製作所。「切る」「削る」「磨く」「穴を開ける」といった加工を家電・半導体・電子デバイス・医療・土木など幅広い分野で支えるため、高い技術で工具を提供し続けている。80年を超える老舗企業の同社だが、ITに対しては新しいツールの積極導入を怠らない。AWS(Amazon Web Services)の利用や、基幹システムの仮想化などにより業務のスピード感と効率化を両立させている。

そうした東京ダイヤモンド工具製作所が、2017年11月に新しくクラウド運用管理ツールを導入した。サイオステクノロジーの「SIOS Coati」がそれだ。同社 システム担当 担当部長の小久保拓志氏は、SIOS Coatiの提案を受けたときに、「30秒で導入を即決しました」と語る。それほどまでに、クラウド運用管理ツールの必要性を高く感じていたのは、なぜなのだろうか。

同社がAWSによるクラウド化を推進することになったきっかけの1つは、東日本大震災だった。それまで、サーバー類は東京・目黒の本社にオンプレミスで設置していた。一方で宮城県には工場があり、ラックにIT機器を設置していた。東日本大震災では本社のサーバーには直接の被害は出なかったものの、仙台工場の機器がラックから落下するなど大きな被害があった。BCP(事業継続計画)の必要性を体感したことから、取り組みを積極化することになったのだ。その取り組みとして、基幹システムのデータセンターへの移行による仮想化と、AWSに代表されるクラウドの活用が始まった。

まず情報系の比較的軽めのアプリケーションから、クラウドへの移行を始めた。「2011年11月頃に検討を開始しました。当時はAWSしか選択肢がないような状況でした」(小久保氏)。ソニーネットワークコミュニケーションズのクラウドポータル「マネージドクラウド with AWS」を利用することで、運用を自社で管理できるようにした。小久保氏は、いわゆる「ひとり情シス」で、できる限り業務を効率化・自動化することが、海外も含めた同社のITシステムを円滑に運用するために欠かせない。

AWSの利用もそのための1つの答えであり、同社はクラウド上の仮想サーバーサービスAmazon EC2(以下、EC2)とクラウドストレージサービスのAmazon S3を導入した。さらにクラウド運用管理ツールの導入も円滑で安全な運用に必要不可欠だった。その流れの中で2017年にEC2の自動監視・復旧ができるSIOS Coatiの導入を即決した小久保氏には、実は直前にひとり情シスの悲哀とも言える体験があったのだ。

トラブルから学んだ復旧対策の大事さ

小久保氏が直面したのは、EC2のトラブル対応だった。「AWSが提供するEC2は、インフラとしては安定していますが、たまにその上のサービスが落ちることがあります。日常でも気が気ではない生活を送っていたのですが、そのときはたまたま海外出張中でした。そこにシステムが繋がらないという連絡が飛び込んできました。いつも持ち歩いているノートパソコンを使って、VPN(仮想閉域網)でAWSに接続し、落ちていたサービスを立ち上げ直しました」。

サービスが落ちたのは、グループウエアが稼働しているインスタンス。スケジュール管理や会議室の設備予約など、多くの社員が毎朝確認するものだった。それだけに「多くの人から電話がありました」と小久保氏。ひとりでシステムの運用を支えることのリスクを、身をもって体験することになった。「ソニーネットワークコミュニケーションズからEC2の運用管理を自動化できるSIOS Coatiの話を聞いたときに、資料を見るよりも前に導入すると決めたのは、こうした経験があったからです。EC2のサービスを自動復旧するツールがあれば、慌ててVPNでつないで対応しなくて済みますから」と小久保氏は苦笑いする。

東京ダイヤモンド工具製作所
システム担当 担当部長 小久保拓志氏

話をAWSへの移行を進めていた2011年に戻す。当時、AWSに移行した主なアプリケーションは、グループウエアやSFA(営業支援システム)、テレビ会議システムなどだった。

特にテレビ会議システムは、「様々な会議体、海外拠点とのミーティングなどでとても利用頻度が高いツールです。月に100回といった利用があり、従来の従量制のSaaSのシステムからAWSへの移行により、年間200万円ものコスト削減を実現しました」(小久保氏)という移行効果があった。SaaS型のテレビ会議システムでは、他社も含めて利用が集中すると音声品質が落ちることが多くあった。その都度、小久保氏はユーザーから呼び出しを食らうのだが、原因の切り分けができない。AWS上に自社専用のテレビ会議システムを設けることで、映像や音声の品質安定化が図れて呼び出しが減るという効果も得られた。

「10年前ならば、システムは“障害です”という理由で止まることが許される側面がありました。しかし今はちょっとでも止まるとすぐに連絡が来ます。水道から水が出るのが普通のように、システムはつながるのが普通になっています。それだけに、落ちることが許されないという意識は高くなっています」(小久保氏)

10以上のアプリケーションがAWSで稼働する状況に対応

AWSへの移行の効果が複数のアプリケーションで確認できたこともあり、同社ではその後もアプリケーションのAWSへの移行を進めた。2018年6月時点では、10を超えるアプリケーションがAWS上で稼働している。「AWSそのものは効果があると実感しています。10分でOSが立てられますし、リソースも運用に合わせて柔軟に増減できます。それにうまく行かなかったら削除してしまえばいいわけです。一方で、大容量データを扱う基幹システムはAWSではなく、データセンターを利用した仮想化環境に移行しています。AWSと仮想化を使い分けて、適材適所のシステムを構築しています」(小久保氏)。

AWSのEC2で稼働するサービスが落ちたときに、対処をしないといけないという意識はずっと持っていたという小久保氏。その1つの答えが、「カバンに常にパソコンを入れているというバックアップ体制」だったわけだ。そしてそのバックアップ体制は、海外で見事に役立った。しかし、それは小久保氏自身に負担をかけ続けるだけでなく、属人的なバックアップ体制を継続することにほかならない。小久保氏は「ひとり情シスをやっていると、自分の存在価値をヘルプデスク的な業務に求めてしまいがちですが、それではいけないと思っています。自分がいなくても東京ダイヤモンド工具製作所のシステムが回るように――と考える必要があるのです」と、自らの立ち位置を戒める。

30秒で導入を即決したSIOS Coatiは、EC2のインスタンスを常時監視して、トラブルが起きた場合にはサービスを再起動するといった処置を自動的に行うクラウドサービスである。万が一、監視しているサービスが落ちたとしても、そこでアラートを上げてシステム担当者を呼ぶのではなく、「自動的に復旧する」ところまで対応してくれるのがSIOS Coatiの特徴だ。東京ダイヤモンド工具製作所では現時点で、グループウエアとSFA、テレビ会議システムの3つのアプリケーションを、SIOS Coatiで常時監視している。止まってしまうとエンドユーザーの業務に支障を来すアプリケーションである。まず、小久保氏は、「切り分けをして、3つのアプリケーションから監視することにしました。これで日常の精神的負担からの解放と出張時の安心感が得られるなら、利用コストはそれだけでペイできます」と笑う。

万全の働きをするSIOS Coati導入で負担が減った分を他の業務に生かす

SIOS Coatiを導入してから半年強の2018年6月時点で、たった1度復旧したというメッセージが来たのが実際の利用状況だ。

小久保氏によればSIOS Coatiで監視しているインスタンスに関しては、運用管理を意識することがほぼゼロ。それだけSIOS Coatiは万全の働きをしている。AWSで動いているアプリケーションは他にもあり、仮想化しているデータセンターの仮想マシンの挙動も気がかりではあるが、SIOS Coatiは“少しでも気がかりなものを減らす”ことができる。小久保氏は、こうした安心をもたらすツールこそ重要であると実感しているという。

SIOS Coatiへの要望も、実はある。「あまりにも何もないと、きちんと動いているのかどうかが心配になります。ログインの仕方を忘れるのではないかと。動いていることを定期的に通知してくれると安心ですね」(小久保氏)。トラブルがあっても自動復旧する手放しの運用管理がメリットのSIOS Coatiだけに、何も起きていないときには黒子に徹してしまって存在感が希薄になる。稼働状況が見えると、管理者にとっては安心という意見だ。

SIOS Coatiの契約状況。保守窓口も含んでいる

そうは言いながらも、小久保氏はトラブル対応から解放されたことのメリットはとても大きいと語る。IT戦略や計画の立案、セキュリティへの対応、BCP対策など、ITが経営に関わる部分に時間を割けるようになったことがその第一のメリットである。一方でまだまだ課題は残っている。ヘルプデスクやトラブル対応に時間を取られるのではなく、将来へ向けたIT戦略や人材教育などに時間をかけられることは、ひとり情シスのITシステム運営にとって価値が高い。

今は3つのアプリケーションの運用管理に使っているSIOS Coatiだが、今後は他のアプリケーションへの横展開を計画している。そうすることで、さらに付加価値のある業務に、小久保氏自身の時間を使えるようになるだろう。小久保氏は「システム人材を採用しようとしても、日本の労働人口は減少していきます。今後はAI(人工知能)を活用した人に代わるシステムツールに期待しており、SIOS Coatiにも、AI的な機能によって難易度の高い障害時に自動的に対応できるような発展を期待しています」と、さらなる運用管理の自動化が実現する日を待ち望んでいる。

他の導入事例を見る

24時間監視から解放され、コストも大幅削減

株式会社インフォバーン

SIOS Coati導入によりコスト80%削減と運用工数の大幅削減ができました。
低コストでメンテナンスフリー・ケアフリーの運用を実現し、提供するコンテンツの面白さ追求に時間を使えるように!

株式会社ホビージャパン

低コストでメンテナンスフリー、ケアフリーの環境を実現できるのが、SIOS Coatiの魅力です。

サイオス株式会社 - SIOS Corporation

Copyright © SIOS TECHNOLOGY, Inc. All Rights Reserved